除毛クリームでヒザ下脱毛

ヒザ下脱毛を除毛クリームで施術した際のメリットデメリット

ヒザ下脱毛における除毛クリームのメリット・デメリット

除毛クリームのメリット・デメリット

 

ヒザ下の毛の毛周期は3ヶ月から半年と細かい部位によって分けられますが、
1日に伸びる長さも様々。

ほぼ0.3mm程度ではないかといわれています。

カミソリなどでムダ毛処理を行っているとよくわかるものですが、
1週間に3回は行っている人も多いのではないでしょうか。

肌に傷をつけず、手間を省きたいという人に選択されているのが除毛クリームです

アルカリ性の成分で「毛を溶かす」という方法で、脱毛を行います。

除毛クリームが塗られた毛は、縮れながら溶けていくのを目で確認することができます。

 

メリット

  • 安価である。
  • 施術所要時間は早い。塗って洗い流すだけの2ステップで手軽。
  • 毛が生えてくるときのチクチク感や濃くなることがない。
  • カミソリ処理よりも生えてくるまでの時間が長い。
  • 傷などのリスクがない。
  • 白髪も施術可能。

以前は施術中にシャワーをあびることが出来ないなどがありましたが、
今は塗っている最中でもシャワーを浴びることが出来るクリームなども発売されています。

また抑毛効果や減毛効果を望めるクリームも開発されています。

毛が生えてくるときには毛先が細くなっていることから、チクチク感はありませんし、施術による痛みもありません。

脱毛後のお肌がツルツルであるということも、人気がある要因です。

アフターケアを怠ると二次的に毛嚢炎や埋没毛を起こすこともありますが、
この脱毛法の直接的な原因でそれらを起こすリスクは極めて低いとされています。

 

デメリット

  • 肌へのリスク
  • アレルギー反応が出ることがある。
  • 刺激臭が強い。
  • 一時的脱毛である。

強いアルカリ性がタンパク質を溶かす性質を利用したクリームです。

毛もタンパク質ですが肌もタンパク質ですので、肌への負担は当然あります。

注意書きにある時間が毛を溶かして、なおかつ肌への負担が小さいとされる時間ですので、
必ず守らなければなりません。

毛質によっては溶けにくい場合もありますが、その時でも肌のためには時間は厳守です。

他の脱毛方法を考え、それ以上肌に負担をかけてはいけません。

保湿などのアフターケアは必ず行いましょう。

 

またアレルギーを起こす場合もあるので、パッチテストは必ず行いましょう。

一時的な脱毛ですので4〜5日間で再度処理を行う必要があります

緩やかに抑毛効果や減毛効果を得ることが出来るとされるクリームも発売されていますが、
価格は通常の除毛クリームの約3倍。

それらのクリームでも、抑毛・減毛の画期的な効果は体感できません。

刺激臭は軽減されているものも、発売されています。

 

除毛クリームによるヒザ下の脱毛の期間と料金

  • 所要時間=両ヒザ下普通肌用使用3分〜6分、敏感肌用使用5分〜10分程度
  • 処理間隔=3〜4日程度
  • クリーム価格=両ヒザ下1ヶ月1本使用で1000円程度〜3000円程度

* 価格は脱毛のみのクリームで1本1000円前後です。

 

抑毛効果や減毛効果が期待されるものであれば3000円程度から。

ヒザ下で個人差はありますが、2本程度使用すると考えられます。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ