病院と脱毛サロンの脱毛の違いについて

医療電気脱毛、医療レーザー脱毛、電気脱毛、フラッシュ脱毛について

病院での脱毛とエステでの脱毛はどう違うの?

 膝下脱毛を検討しています、病院とエステで脱毛できると知りましたがどう違うのでしょうか?

    

 病院とエステではそもそも行っている脱毛の方法が違います。

 

病院では医療電気脱毛と医療レーザー脱毛を、エステでは電気脱毛とIPL脱毛(フラッシュライトを使用)をそれぞれ行っています。

 

病院で行われる脱毛法について

まず病院で受けられる医療電気脱毛はいわゆる針脱毛のことで、
とても細い針をムダ毛が生えている毛穴に差し込み、強い電気(高周波)を流すことで毛根を焼き破壊していきます。
この高周波、エステのものとは違ってかなり高い出力のため(法律上、病院とエステとでは使用できる機械が異なります)
高い脱毛効果を発揮できるとか。
それに1本の毛根に電気を通す時間も、わずか0.5秒程度。そのため痛みが少ないのも特徴です。

 

さらに医療電気脱毛で使用する「絶縁針脱毛」は毛穴以外には電気が通らないようになっているので、
肌に傷を付ける心配もありません。
とは言え細かな作業のため時間がかかり(特にたくさんの毛穴がヒザ下にはあります)、
毛穴に針を通すためまったく痛みがないわけではないというデメリットも。
「今すぐなんとかしたい」「痛いのは絶対にイヤ!」と言う人には不向きかもしれませんね。

 

次に医療レーザー脱毛ですが、1997年に許可されて以来、
「(針脱毛に比べて)早い」「痛みが少ない」「毛を伸ばす必要がない」という気軽さから一気に利用者が増えました。
当初はかなり高額でしたが、最近ではさまざまなクリニックが取り入れていることもあって価格破壊が起こり、
比較的利用しやすくなっています。
ちなみにこの方法、白と黒の色素差を利用して脱毛するため(黒い毛だけにレーザーのエネルギーが集まる)、
肌の色が白く黒々とした毛を持つ剛毛の人ほど効果が出やすいとか。
逆に毛が細い人や色素が薄い人、日焼けしている人は効果がでにくいそうなので、
そんな人はまず医師へ相談することをおすすめします。

 

リーズナブルに脱毛をするなら

それでも人によっては「やっぱり病院は敷居が高い」「(価格が下がってきたとはいえ)まだまだ高い」と考えるかもしれません。
そんな人は、無料体験やキャンペーン価格などで気軽にヒザ下の施術が受けられる脱毛サロンを検討してみてはいかが?
何より、病院と比べて脱毛エステは価格がリーズナブル。
さらに脱毛専用のサロンなら技術のクオリティも高く、サポート体制もばっちりで何かと安心ですよ。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ